尾行調査に自信のある探偵を見分けるには

尾行調査に自信がある探偵に依頼したい

探偵の尾行調査について

探偵に求める物はなんですか?という質問に対して、これから調査を依頼しようとしている人は、探偵に対して色々な思いがあります。

調査料金を少しでもやすく、どんな探偵事務所より安い金額で調査を受けてくれる探偵事務所に調査を依頼したいという人もいれば。

料金は高くても、調査を絶対失敗しない探偵に調査をお願いしたい。調査に自信がある探偵事務所を探しているという人もいます。

今回、調査を失敗したくないという人の要望に応えるため、調査を失敗しない、調査に自信がある探偵事務所を見分ける方法について一緒に考えていこうと思います。

調査に自信がある探偵事務所を探すために、まずは、探偵にどのような調査の依頼が多いのか、また、探偵に欠かすことができない尾行調査の能力はどうなっているのかを調べることが必要です。

パートナーの浮気で気をつけること

男性でも女性でも、相手が浮気をしているのでは?と疑うことがあった人は少なくないと思います。そして大抵の場合、浮気を疑った段階で高確率、相手は浮気をしている可能背が高いです。自分の思い込みなんだとか、相手のことを疑った自分はなんて悪いんだとか、自分を責めてしまうこともありますが、電話をして会う約束をしても面倒そうだったり、あまり会いたくないような素振りを見せたら、他に好きな人がいてそちらに心が行っている状態だということも考えられます。

こうなると、よりを戻すのは至難の業です。浮気相手に飽きたら戻ってくる可能性もあるでしょう。しかし多くの場合、別れはそう遠くない未来に待ち受けている可能性のほうが高いです。

浮気をされる段階で、あなたの魅力はないに等しくなっているので、ちょっとした火遊びでは済まされなくなります。それでは何が大事なのか。それは「浮気をさせない」このことが最も重要です。

パートナーのことを思っているならば、できる行動というのがあります。愛想を尽かされないように自分磨きにこだわり、言動や態度、一緒にいるときにあまり100%の自分を出さないようにし、常に引き出しを用意しておくなど、お互いが心から繋がっていれば、浮気の心配はなくなります。

浮気の証拠となりうるのは?

浮気の調査を自分、または他社にお願いし、その後の離婚条件や慰謝料を高めるためにも必要となってくるのは配偶者の浮気をしていたという証拠の量やその行為の悪質さになります。証拠をつかむ際に最も多いと思われるのは、メール内容のコピーや実際に尾行して撮影することに成功した写真になります。写真でいえばホテルや自宅から一緒に出てきた写真や、実際に行為をしている写真になるでしょう。

メールの内容でしたら行為をしていたと思わせる内容が必要になってきます。これらの行為をしていたという事実が認められる証拠に加えて、無断に共通の口座や自身の口座から引き出されているとみられる、金銭のやり取りを浮気相手としているとみられる証拠があったとしたらその後の離婚や慰謝料の決定には有利に働くでしょう。

これらの証拠を手に入れるのに必要となってくるのは写真または動画、音声を録画・録音のできる機材、メールでしたら証拠になりそうなメールの写真を撮っておくことが役に立ってきます。携帯やスマホにパスワードがかかっていてあけることが出来ない時は、無理にパスワードを突破することは考えないほうがよさそうです。たまたま開いていた、ポップアップで浮気のメールが届いたなどの場合以外は夫婦といえど、無理やりパスワードを開けてまで見ると犯罪になってしまうことがあります。

浮気の証拠のつかみ方

パートナーが浮気をしているのではないかと一旦疑い出したら大抵の人は居ても立っても居られない気持ちになるでしょう。やはり浮気を疑ったらそのままにしているよりは浮気の証拠を掴んだ方が精神衛生上良い場合もあるので積極的に証拠集めをしてみましょう。

最も分かりやすいのは、スマホのメールやLINEのチェックです。パートナーがお風呂に入っているスキを狙って素早く履歴やチャット内容をチェックするのがおすすめです。用心深いパートナーですとスマホをロックしていることも多いでしょう。日頃から相手がロックに使いそうなパスコードなどをさりげなく探ってみるのも良いです。

他に、集めやすい証拠はコートやジャケットやズボンのポケットの中を要チェックです。こういうところには領収書やレシートなどが丸めて入れてある場合も多いです。こうした何気ないゴミのようなレシートなどは大きな浮気の証拠になる場合が多いのです。またクレジットカードの明細書が郵送されてきた場合はすかさずチェックすると良いでしょう。こちらも有力な証拠がたっぷり含まれている可能性が高いです。

急にファッションの好みが変わっておしゃれに敏感になってきたり、やたら機嫌が良すぎる時には後ろめたい気持ちがある時が多いので、ぜひ行動チェック、持ち物チェックをしてみましょう。